多くの人が悩む乾燥肌|化学物質を含む化粧品は肌に悪影響を与える

メイクを受ける女性

顔に残ったシミをキレイに

ファンデーション

出来たシミは、コンシーラーでシミ隠しをするより、化粧下地の段階で丁寧に塗り込み化粧をすることで自然にシミをカバーできます。しかし、シミができないように、毎日スキンケアを行なうことが必要となります。シミの原因は活性酸素によるものとされているため、きちんとシミ対策を行なっていくようにしましょう。

詳しくはこちら

化粧はスプレーで

化粧セット

エアブラシは空気の圧力を利用して、液体をムラなくスプレーする機器です。現在は、ファンデーション用のエアブラシも作られています。パフで塗りつけることなくファンデーションを塗ることができるので敏感肌の人にも人気が出ています。

詳しくはこちら

ワンステップでスキンケア

鏡を見る女性

スキンケアを簡単にするにはオールインワンゲルはとても役立ちますが、ひとつの化粧品でしっかり保湿ができるものを選ぶことが大切です。メディプラスゲルは美肌の湯の温泉水が採用され、豊富な美容成分を含んでおり無添加で使いやすい商品となっています。

詳しくはこちら

天然成分で乾燥対策する

低刺激のスキンケアをする

化粧をする女性

年間通して乾燥肌に悩んでいる人は、今使っている化粧品が肌に合っているかどうか考え直すべきです。肌の皮がむける、ヒリヒリして赤みを帯びているなどの症状は、乾燥肌特有の不快なものであり、早めに対処しないとアトピー性皮膚炎などの深刻な病気を招くことがあります。乾燥肌に優しい化粧品を正しく選び、普段のスキンケアの見直しをお勧めします。多くの化粧品にはあらゆる化学物質が含まれており、免役力が低下した乾燥肌には刺激が強く症状を悪化させることもあります。そこでお勧めしたいのは天然成分だけで作られた化粧品です。乾燥ダメージを受けている肌に刺激を与えることなく、天然成分が肌本来の強さを取り戻すサイクルへと導いてくれます。

適量を守って乾燥を抑える

肌の乾燥対策として、大量の化粧水や保湿クリームを塗るのが効果的といわれますが実際はそうではありません。肌の症状に合わせた化粧品の適量を守ることのほうが大切なのです。理由は乾燥肌の症状が進んでいる場合、化粧水の吸収力が低下していることもあり、大量に使っても表面に残るだけという結果が考えられます。乾燥肌に優しい天然化粧品を使うのは絶対ルールとして、あとは自分で適量を判断することです。一般的な乾燥肌の例になりますが、化粧水なら500円玉大、保湿クリームは人差し指の第一関節にのる程度の量で充分です。肌の症状が回復していけば、自然に化粧品の適量が分かってくると思います。保湿に気をとられて大量に使い過ぎることのないように気をつけてください。